title-praivacy

英語多読 生徒達の記録

2015/12/25

英語多読ーー英語読書の記録を始めるにあたって

シリウス個別英語指導塾です。

 

ウチの生徒には、ある程度文法力がついたら、英語をどんどん多読をするように勧めています。

 

たとえば、オックスフォード大学出版などから出ている Oxford BookwormsやPenguin Readersなどです。これらのGraded Readersは、文法や語彙が制限されていて読みやすくなっています。

 

あるいは英米等の子ども向けの本ですね。Roald Dahlの易しめの本(たとえば、The Magic Finger)magic fingers, C.S.Lewis のThe Lion, the Witch and the Wardrobe Lion cover(『ライオンと魔女』)、Saint-Exuperyの英訳版『星の王子様』(The Little Prince)LP、Ruth Stiles Gannettの My Father’s Dragon (『エルマーの冒険』)dragonの三部作、Louis Sachar(ルイス・サッカー)の Marvin Redpost redpostリーズも良いですね。中学生3年くらいから読めるようになるはずです。

 

ただし、それでも少々難しい単語がある場合があります。そこで当塾では、めぼしい難しい単語については、意味を書き加えるなど、読書の配慮をしています。( Marvin Redpost君のシリーズ(Louis Sachar)については、ほぼ全冊の訳注をつけました)。

 

そうそう、日本の漫画の英訳モノのmangaも忘れていはいけませんね。hikaruもちろん、高校2-3年生くらいになれば、ネイティヴの大人向きの本なども読めるようになります。Oxford University Pressの Very Short Introduction のシリーズvery shortはとくにお薦めです。すでに何人かの生徒(現・卒業生)に、Philosophy of Science, The History of Life などを一部読んでもみてもらいました。

 

 

塾生に英語読書を勧めてみると、心構えができる生徒は、本当にどんどん読んでくれます。英語を読んでみたいという気持ちがあるからなのですね。そこで一歩進んで、英語の本を読んできた生徒たちに、ちょっとした感想やら印象を書いてもらい、それをブログという形で記録することを決めました。なかには張り切って英語で書いてくれる生徒も現れました。嬉しい限りです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾
http://www.todaishiki-english.com/
住所:神奈川県相模原市南区
東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
お問い合わせ