title-praivacy

塾ブログ 林間教育通信

2017/02/07

教養主義こそが我々の理念

 

日々中高生に(英語を)教えていると、多くの子どもたちが「勉強とは、日常とは別の特別な世界について(ぼんやりと)知ること」と勘違いしているのではないか、と感じることが多いです。あるいは、学校で上位の成績をとるため、受験で合格するために必要なこと、と受けとめているだけ、のような気もします。

 

しかし、そういう意識で勉強しただけの学力というのは、私どもからすれば、風が吹けば簡単に吹き飛んでしまうような、塵のようなものです。(言い過ぎかしら…汗)

 

 

 

前回のブログで、私どもの理念として「アンチ・ガリ勉主義」ということを掲げました。これは別の言い方をしますと「教養主義」ということでもあります。

 

 

即ち、テストのため、受験のために勉強をするのではなく(それは単なる通過点)、本や新聞等をどんどん読み、教養を身に着けることを主眼にしてほしいということを意味します。同時に、「現実の世界にずっしりと身体を浸からせて生き、感じ、考え、知性を獲得せよ」という願いでもあります。

 

 

 

「現実の世界に身体を浸からせる」とはどういうことでしょうか?

 

例えば、身の回りに日々起こっている問題に、意識的・主体的であれということです。もちろん学校の友達や家族、という範囲もありますが、もう少し広い視野をとって、現実の社会にある(あった)様々な問題に意識を向け、リアルに自分に引き寄せて考えよということです。

 

 

その為には当然、新聞を読んだりニュースを聞く、本を読むといったことがまずは、習慣化されていなければなりません。(もちろん、これは最低限の必要条件でしかありません。)

 

 

残念ながら、昨今こういったことを積極的に実践なさっているお子さんに出会う機会は、なかなかないのが現状ですが、新聞の紙面にて、そういったお子さんに出会うことができましたので、ご紹介しましょう。

 

 

2017年1月26日付の東京新聞「発言」欄に寄せられた読者の投稿です。

 

 


子の未来 考える国に

 

 

 

このお子さんには既に「知性の萌芽」があります。それが、

 

「この国は被ばく国で核の怖さをよく知っているのに、どうして核兵器廃絶に賛成しないの?」「なんで借金膨らませてまでオリンピックやるの?借金で困るのオレたちだよね」「原発、なんで動かすの?核のゴミを残して死ぬくせに」

 

という言葉(疑問・怒り)によく表れています。身の回りの事件、事故、問題を自分のこととしてリアルに受け止め、自分の意見をしっかりと持つことができている。これは、単に教科書や問題集を、せっせと勉強して得られるような力ではありません。また、一朝一夕に養われたものでもないでしょう。

 

 

 

日々の習慣、ご家族が(自然と)作り上げているこの子を「この子」にした、つまり「知性を育んだ」のだと思います。

 

 

学校の成績や偏差値ばかりを追い求めても、それだけでは「教養ある人」「知性ある人」にはなれないのです。このお子さんのように、社会や世界にある問題を、自分のこととしてリアルに受け止め、自分の意見を持つ、それこそが「真の知性」だと私たちは考えますし、こういうお子さんを「優秀な子」と呼ぶのです。

 

 

 

本当は当塾からもそういった「真の知性」を生み出したいのだと、本音をここに暴露しておきます。

 

 

 


 

ここからは余談です。この12歳の彼に、そして、同じように社会に対して疑問を抱いているお子さん達へ

同じく東京新聞の記事からです。アメリカトランプ新大統領に対する抗議デモに参加した8歳の少女が紹介されています。

 

 

 

大人の林の中で

 

 

更にもう一つ。以下は今のところ日本のオトナタチが出している答えの一つです。(東京新聞より)

 

若い意見聞かぬまま new

 

 

 

内容を一部要約、抜粋してご紹介しましょう。

 

 

今春、福島原発事故で避難していた人々に対して、避難指示の解除が行われます。福島第一原発では、1~3号機から使用済み核燃料を取り出す計画が大幅に遅れ、廃炉作業の見通しも立っていない状況のようです。そんな中、住民の帰還だけが「予定通り」に進められている、とのことです。その説明会での様子が報告されています。

 

(以下抜粋)

兼業農家の女性からは、農業用水に使っていた大柿ダムの底の汚泥の汚染度を問う場面も。国側はダムの水を使った作物の実験結果でも安全を確認していると強調する一方、「汚泥は一キロ当たり20万ベクレル前後になる」と説明。会場からは「そんな危険なところに子どもを帰せというのか」と怒りの声があがった。馬場町長に「同じ被害者なんですから」と国目線に立たないでほしいと訴える町民も。

 

 

津波被害にあった請戸地区の紺野広光さん(72)は「生まれ育ち、老後の準備をしていた家がすべて流された。原発は国策で事故は人為によるもの。なのに今回の原発事故では誰も責任を取っていない。事故の責任をはっきりさせない限り、同じことが繰り返されかねない」と訴えた。(抜粋終わり)

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/01/27

東大的学びー嬉しい実践例

前回のブログの続きになりますが、ここで、「東大的学び」を粛々と実践してくださっている当塾の生徒の一例をご紹介しましょう。

 

 

私たちは常日頃から生徒の皆さんに本や新聞を読むようにと言っているのですが、特に大人の新聞を読み慣れていない中高生には「(朝日)中高生新聞」を購読するようお勧めしています。恐らくそう言われて新聞をとるにはとっている方もいらっしゃるはずですが、実際どれくらいちゃんと読んでくれているのか…確認までしていないのが現状です。(確認しない方がよいこともありますからね…笑)

 

 

そういう中で、きちんと中高生新聞を購読くださり、しかも、天声人語を読んで与えられた課題に対して自分の意見を書いて投稿までしてくださっている生徒(中1)がいました。

 

「天声人語で200字作文」というコーナーで、「『百人一首』の競技かるたを世界にも広めるための、具体的なアイデアを提案しましょう。」というお題に対して投稿なさったものです。

 

実際の紙面をまずはご紹介しましょう。

 

 

朝日中高生新聞 天声人語 改訂版

 

 

 

天声人語 2017.1.22号_LI

 

 

 

この生徒は「内容を表した絵を下の句の札に書けばよいと思う。和歌の内容が何となくわかり、上の句と結び付けやすくなるから」という意見を投稿し、採用されました。

 

 

中高生新聞を毎週読むこと、投稿欄に自分の意見を投稿すること、これらは即座に学校のテストの成績に直結はしません。しかしそれでもやり続け(させ)ようと思われたのは、親御様ご自身が内容を確認なさり、これは「読む価値がある。やる必要がある。」とご判断されたからでしょう。

 

 

やった方がよいと人に勧められても、それを実際に実行し、更には継続すること、これは言うは易し行うは難しで、なかなか誰でもができることではありません。黙ってやり続ける、それがものすごい力になるのです。

 

 

お母様にもお話を伺ったところ、「継続することを第一に考えている」とのお返事。非常に的を射た信念をお持ちと、大変清々しい気持ちにさせていただきました。と同時に、親御様とご本人の真剣さが伝わり、こちらも改めて、「襟を正して臨ませていただきます」という気持ちになりました。

 

 

 

時々、お子さんがまだ中1や中2の受験まで時間的余裕がある時点で、必要以上にお子さんの成績、将来の受験に不安を抱かれて右往左往したり、周囲の真偽の定かではない情報に振り回されて、あっちの塾こっちの塾と放浪なさっている親御様をお見受けします。

 

大変失礼ですが、私どもからすれば、そんな暇があったらお子さんと一緒に新聞を読んだりニュースを聞いて、話題を共有あるいは議論をしてお互いの言語能力・思考力を深めていくような「習慣を作る」ことこそが、奥行きのある学力形成という意味で、非常に有意義なことなのになあ、と残念に思います。

 

 

ともかく、この生徒のように、地道にコツコツと、目に見えない部分の学力を耕していくこと、これこそが私どもが理想とする「東大的勉強法」(以前ブログで書いた「慶應的勉強法」とも言えるでしょう。)であり、真の学力を培っていくための実は近道であると考えています。そしてそういう考えにご賛同いただける生徒さん(や親御さん)をこそ我々は待ち望んでいますし、どんどん鍛えていきたいと思うのです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/01/27

東大式個別ゼミー名の由来と私たちの願い

シリウス英語個別指導塾は以前は「東大式個別ゼミ」という看板を掲げていました。もちろんこの名前には大事な意味がありますので、現在も残したままです。

 

「東大式」とはどういうことだろうか?と興味を持たれる方もいらっしゃると思いますが、私どもが使う「東大式」とはズバリ一言で言いますと、「アンチガリ勉主義」という意味です。

 

 

誤解している方が多いと思いますが、東大に合格するような人は必ずしも「ガリ勉」タイプではありません。どちらかというと、小さいころから何か強く心惹かれる世界を持っていて、それを極めていくといったタイプの人が多いように思います。よい成績をとるために勉強する、というよりも、勉強自体を非常に楽しめる人が多いのではないでしょうか。(「なぜ楽しめるのか」はまた別の機会に。)

 

 

私たちは、当英語塾に通われる皆さんがたとえどこの大学を目指されようと、東大的に、つまりはアンチ・ガリ勉主義で学びを深めていってほしいと強く願っています。目に見えない部分をしっかりと耕し、奥行きのある学力=思考力を持った人になってほしいのです。

 

 

東大的力とはどんな力でしょうか?それは、重箱の隅をほじくるような細かい知識を膨大に覚えたり、こういう場合はこう考える、また別の場合はこう考える、といった具合に、各々の問題の解き方を膨大に覚えてテストの点を取っていく勉強法ではありません。最低限の基本的な知識を習得したら、あとはその知識を柔軟に組み合わせながら運用していく。つまりは自分の頭をとことん動かして、とことん考えて問題を解決していく。(もちろんその過程自体を楽しめる。)そういった力こそが「東大的力」=「思考力」=「自分の頭で真理を探究しようとする力」であり、我々「東大式個別ゼミ」の理念でもあるのです。

 

 

 

言い換えますと、私どもが忌み嫌うのは「ただのガリ勉」です。模試の偏差値が多少高かろうが学校の成績が多少よかろうが、それがただのガリ勉の結果であれば、私たちはほとんど評価しません。ガリ勉で得た学力というものが非常に薄っぺらいものであることを知っているからです。将来的な柔軟な伸びも期待できませんし、教えていて楽しくもありません。(恐らく「ただのガリ勉」さんは本人自身も勉強していてあまり楽しくはないはずです。)

 

 

続きがありますので、お楽しみに(^^)/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/15

英語は早く始めれば有利かーその2

 

前回は、英語力を習得するためにまず必要な文法学習に焦点を絞って、早く始めれば必ずよい結果に結びつくというわけでもない。大事なのは‟タイミング”なのだということを書きました。

 

さて、よい波を見極めてタイミングよく学習し次第に文法力が身についてくると、次はどんどん英文を読んでいく段階に入ります。これもまた、早く始めれば有利か、というご質問に対しては前回と全く同じ答えになるわけです。つまり、‟人によりけり”ということ。もっと言えば、それまでに‟どう生きてきたか”というところに依拠するところが大きいと思います。

 

今回も少し具体例を挙げてみましょう。

 

非常に理解力もよく頭の良いお子さんの場合、本当に順調に文法学習を進めることができます。中2の段階ですでに英語の基本文法は学習済み、さらに大学入試レベルの文法問題が解けるくらいになる場合もあります。

 

ではそういうお子さんは英語長文もどんどん読み進められるかというと、必ずしもそうではないわけです。もちろん、易しい英文でしたらどんどん読めてしまいます。そこで難関高校入試問題に出た英語長文などを読ませてみると、物語系のものはわりと読めますが、自然科学だとか社会科学系のもの、はたまた時事問題に関する英文になると、途端に馬力が落ちてしまうわけです。

 

何が問題なのでしょうか?

 

まず、やはり英文が複雑で、文法問題としての問題は解けても、英語長文の中で論理的に英文を分析しながら読むことはなかなか難しい。こちらの手助けなしでは読めないという点。そして助けられながらなんとか文法的に読み解くことはできても、結局それはどういうことなのか、自分の言葉で説明できるまでには至らない、つまり、本当にはわかっていない、という点。

 

例えば、『デンマークの風力発電』という西大和学園高等学校(奈良県・東大寺学園と並ぶ超難関校)で出題された英文がありますが、ここで必要なのは背景知識。現在の地球規模でのエネルギー問題、環境問題、さらにそれらと各国がどう関わっているのか、といったような背景知識を漠然とでも知っていなければ、いくらこの英文を読んでも単に上っ面をなぞっただけで、実感としてはわかっていないということが、教える私たちには手に取るように伝わってきます。つまり、まだこのレベルの英文を読む準備ができていない、読む段階には至っていない、という判断になるわけです。(もちろん中2ですからそれが非常に大きな問題というわけではありません。ただ文法の出来具合に比して教養学習が不足しているというだけのことです。)

 

 

このように、いくらがむしゃらに文法を勉強して英語長文を読める段階に至ったとしても、やや高度な内容の英文を理解できるだけの準備ができていなければ、やはりそこで足踏みするかまたは、表面をなぞるだけの読み方でごまかすか、ということになります。

 

 

ここで、何年も前にたまたまテレビのニュース番組で取り上げられていた親子のお話をご紹介してみたいと思います。あるお母様が巷の多くのお母様と同じく、ご子息の英語教育に非常に熱心に取り組まれ、幼いうちから英検取得にも励まれていました。ところがある時非常によいことに気づかれました。何級を受検なさる時であったかは忘れてしまったのですが(恐らく2級くらい??)、ご子息が次に受ける英検の英文をお母様がお読みになり「え、これって日本語で読んでうちの息子はわかるのかしら?」と疑問に思われたそうです。そして当然答えはNO。英検でどんどん上の級を受検するためには、英語の勉強以外のことを勉強しないと正当な合格はできないのだということにお気づきになりました。(リスニング問題で稼いで長文は勘とテクニックでなんとかカバーする、的な姑息なやり方は無意味と思われたのでしょう。)そして、英検受検を一時期中断なさり、その分様々な本をたっぷりと読ませたり、博物館などに足を運んだりなさったそうです。

 

 

非常に賢い母上をお持ちのおかげで、そのご子息はその後もちろん英語の勉強もはかどりましたが、その他膨大な数の資格をお取りになったとのことでした。このお母様は、高い英語力を身に着けるためには、ー本当に英文を理解できるようにするためにはー英語以外の勉強をしないとダメなのだ、という本質に気づかれたわけです。

 

 

前回の最後にも書きましたように、「英語学習を早く始めることが有利になるかどうか。それは英語学習以外の要素、生まれてから今までの生活体験・生活習慣に関わってくる問題ではなかろうか」と、いろいろな生徒さんを見ていて実感しています。

 

 

日頃からよく本や新聞を読むお子さんは、いろいろなことをよく知っています。またその延長線上で、必ず「考える」という行為をしています。こういうお子さんは、英語学習(だけでなく様々な学習)において非常に順調に伸びていきます。

 

 

(ただ、欲を言えば、「本や新聞を読む」だけでは足りないでしょう。それではただの頭でっかちの理屈っぽい人間になるだけの可能性もあります。読書習慣にプラスして、実体験というのが本当は非常に大きな要素となるでしょう。身の回りのあらゆる‟本物”に数多く触れ、それらを「身体で実感する」「その美しさ、壮大さに感動したり畏怖の念を持つ」という経験も非常に重要な要素であると強く感じます。もちろん、これも英語学習に限らず他の全ての学習に当てはまることですが、話が複雑になりますので、この話題はまた別の機会に委ねましょう。)

 

 

まとめますと、「理解力・またはそれを補強する努力+読書習慣新聞購読豊富な実体験」のある人ならば、とりたてて早くから英語学習を始めなくても中学からで充分順調に力をつけることができるでしょう。(むしろあまり小さいうちから‟お勉強”の習慣をつけない方が伸びしろが大きいでしょう。)

 

文法学習というのは努力さえできれば誰でもある一定レベルには到達できます。しかしどうしても差が出るのが長文読解力です。そしてこれは、始める時期が早いか遅いかはほとんど関係ありません!生き方(育ち方)が関係してくるのです!(ここでは単に記号選択が合う合わないとか、問題の答えが合う合わないといったレベルのことは問題にしていません。)

 

 

 

※小さなお子さんをお持ちの親御様がもしお読みになっているようでしたら、是非お伝えしておきたいこと。

 

真に子供のためになる早期教育とは、街のおこちゃま英語教室や算数・知能(?)教室などに通わせて‟お勉強”させることでは決してありません。身の回りにある本物、自然、芸術にたっぷりと触れさせておくこと、それこそが本物の早期教育(?)です。その準備をしっかりとしておけば、お子さんはそのうちグングンと柔軟に伸びていきます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/02

英語は早く始めれば有利か―その1

一口に、英語力といっても、どんな英語力、どのレベルの英語力を身に着けたいのか、その最終着地点によって、英語学習への取り組み方は変わってきます。

 

シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミは、基本的には大学受験を目指す生徒さんたちのための英語塾です。従いまして、英語力養成という時には、大学受験で求められる英語力養成というのを主眼においています。

 

 

 

では、大学受験(MARCHクラス以上の大学を前提)で求められる英語力とはどんなものなのでしょうか?それは一言で言ってしまえば、「英語長文を読む力」です。もちろん、リスニング力が必要だ、いやライティングだと、個々の大学によっても細かい部分は違ってきます。しかし、絶対に必要な共通項、それが「英語長文を読む力」だと言えるでしょう。その英語長文を読めるようにするためにはまずは単語力文法力(=論理力)が必要不可欠ということになるわけです。

 

 

では、人よりも早く文法学習をすれば受験において有利になるでしょうか?英語長文が読めるようになるでしょうか?それはyesの場合もあればnoの場合もあるということになるでしょう。

 

 

いろんな言い方ができますが、まずは一つの例をお話ししておきましょう。

 

例えば小学生時代に少し英語を習っていたお子さんが中1になりたてで私どもの塾にいらした場合、非常に順調にリズミカルに学習を進めることができます。しかし、順調に進むがゆえに、非常に速い段階で英語の核ともなるべき分野、具体的に言えば『文型』の単元に入らなければならなくなります。

 

 

文型を理解するということは文の構造を明確に分析していいくということです。その為には、一つ一つの単語の品詞をしっかりと意識・理解できていなければなりません。それが前提となって、様々な英文を読んでその英文の構造を分析できるようになります。ですから、中一あたりでこの学習を本当にしっかりとできるようにするのはなかなかの努力と実力が必要です。

 

 

ずばり言ってしまえば、随分頭の良いお子さん、例えば中一後半の段階で将来の国立医学部合格が既に見えているようなお子さんであればすんなりと進めることができます。こちらが概略を説明した上で問題を解かせたり様々な質問を投げかけても、自分で考えて正解を導くことができます。こういう状態であればどんどん進めてもかまわないと私たちは判断します。

 

 

しかし普通のお子さんの場合ですと、中一後半では少ししんどい場合があります。

 

 

つまり、私たちが概略を説明して問題を解かせても、しばしば間違える。品詞を聞いてもまだ混乱する場合があるという状態です。それでも必死になって私たちがあの手この手を使って説明し理解を促す、本人も必死になって考えたり覚えたりする。それを数週間続ければなんとかクリアできるかもしれません。しかし、その間のお互いのエネルギー消費(消耗)はいかばかりかと想像してみてください。

 

 

なぜこんなことを申し上げるかといいますと、今できなくても、数か月から半年待てばすんなり理解できるようになるということを、私たちは経験上知っているからです。中一の後半に分からないことが中二の前半ならすんなりとわかる、ということは大いにあることです。そういう‟タイミング”をきちんと見極め、来る波にうまく乗って勉強するということが学習を効果的に進める秘訣です。ご本人のストレスも最小で済むでしょう。(もちろんやみくもに進める塾もあるでしょう、しかしそれで本当に実力が効率的・効果的につくのかどうか、よくよくお考えください。)

 

 

英語学習を早く始めることが有利になるかどうか。それは英語を勉強すること以外の要素、生まれてから今までの生活体験・生活習慣に関わってくる問題ではなかろうかと、いろいろな生徒を見て感じています。

 

つづく

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
お問い合わせ