title-praivacy

塾ブログ 林間教育通信

2016/09/15

論理的思考と日本語能力ー英語学習との関連で

生徒の皆さんと一緒に英語を勉強していると、「論理力のなさ」とか「言葉力の弱さ」というものを感じることがあります。そしてそれが結果として、他者に伝わらない表現へとつながっているように感じ、なんとかしなきゃなと、ちょっとした焦燥感につながることがあります。

 

 

このちょっとした焦燥感を感じる度に思い出すのは、中学時代、数学の先生に言われたある言葉。今でも私の心の底辺にずっと根付いているものです。それは「数学の答案を書くときは、自分がどう考えてこの答えにたどり着いたのか、その思考の道筋が読む側にきちんと伝わるような答案を書きなさい。」というもの。こう言われた当時は確かまだ中1か中2でしたから、(今と違って)素直そのものだったので、本当に真面目に「これで私の考え、先生にきちんと伝わるかな~」と意識しながら答案を書いたり、数学の問題を解く(書く)ようにしていました。

 

 

ちょっとした計算問題だとしても、突然暗算でポッと答えを書くのではなく、(←以前は数学も教えていましたが、こういう子本当に多くて困りました。)ポイントとなる途中式は必ず書く、「先生、私、ここでこう、式を変形しましたよ。」と伝える。そうすれば見てくださる先生はきっと「なるほど、ここでそう変形したからこうなったのね。」と、私のたどった計算(思考)の道筋をたどりやすくなるだろうと思ったからです。

 

 

この最たるものが、「図形の証明問題」でした。初めて図形の証明問題を解いた時、なんだか心躍る気分になりました。だって、「~を証明せよ。」という問いに対して、相手に有無を言わさないような答案、こう考えて、この結論に到達しました、と理路整然と説明する答案が求められるわけですよね。「○○と○○が~である、よって~は・・・であ~る~!文句あっか~。」というような答案を書けばいいわけですよね。そのためには、自分で読み返してみて、「うーん、これで読む側に私の考え、正確に伝わるかな~」とか「ここにもう一文付け加えた方が読む人が分かりやすいよね。」とか「うん、こことここがこうなんだから、当然こういう結論になるよね。」「え?それでほんとにそうなるっけ?違うじゃん」とか、自問自答していく、そういうことがなんだかとても楽しかったですし、「論理ってこういうこと?」という意識が芽生えた端緒だったような気もします。

 

 

数学でのこういった意識他者への意識・配慮ーつまりは自分を客観視しようという意識と実際の演習を通じて、「論理的思考力」だとか「相手に伝わる言葉を使う」という力が少しずつ身についていくものなのではないかと私は考えています。しかし、成績を上げるため、とか、試験でよい点を取るため、という気持ちだけでただやみくもに目を血走らせて問題を解いているだけでは、こういった本質的な力を養うことはなかなか難しいような気もしています。やはり、「意識」を変えないと・・・

(その証拠に、数学が得意(?)だからといって、必ずしも論理的表現ができているわけではない!)

 

 

論理的思考力だとか、他者に伝わる言葉を使おうという意識が弱いと、何を勉強してもやはり、なかなか形が決まらない、つまり、自己流でしかできない、結果、本質は見つからない、ということになりがちです。

 

 

ひとまず今日はこれまでにします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/05

学ぶことの意味

 

このブログでは連日のように、「本を読め」「新聞を読め」と連呼しています。私は個人的に東京新聞が気に入っていて、朝刊だけでなく夕刊も毎日とても楽しみにして読んでいます。もちろん、子どもも読んでいますし、もう何年も、大事だと思う記事の切り抜きを続けています。

 

今日は、東京新聞の記事をいくつか取り上げてご紹介したいと思います。(まあ、素朴に私好みの記事を紹介したいだけなんですけどね。)

 

まずは、2016/9/3に掲載された森田真生氏の「数学のなかの人生(上)」という記事をご紹介します。読みにくいかと思いますので、後半部分をそのまま抜粋します。尚、私の独自の判断で色を変えたり、下線をつけております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数学の中の人生

 

(以下抜粋)

 

「人間の知的能力のうち、計算機にいまのところまったく欠けているのは、他と共感する能力である。人の悲しみを前にして、自分もすっかり悲しくなること。喜ぶ人を前にして、まるで自分のことのように嬉しくなること。こうした能力は、囲碁が打てたり、積分をできたりするよりもはるかに基本的な人間の知能だ。

 

 数学は、計算だけでは成り立たない。単に正しい答えを見つけるだけでなく、その答えの意味するところを「わかる」ことを目指すからだ。では「わかる」とはどういうことか。それは、煎じ詰めれば、わかりたい対象に共感し、心を通わせ合うということではないだろうか。

 

 計算のような正確な思考こそ数学の美徳だというのがデカルトの考えだったが、およそ日常とはかけ離れた対象にまで心寄せていく開かれた想像力もまた数学の美点だ。

 

 数学と人生の関係について漠然とした疑問を抱えていた私はいまでは、数学が、よく考え、よく生きようとする営みそのものだと感じている。数学はいつしか、すっかり人生の一部になってしまった。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これに関連して、次は本日(2016/9/4)の書籍紹介の記事。

『人びとの戦後経済秘史』(東京新聞・中日新聞経済部編)についてジャーナリストの池上彰氏が書かれた書評からです。

 

今どう生きるか問う

 

 

(以下抜粋)

 

多くの若者は、歴史を暗記科目だと誤解しています。中略)

 

その若者たちにとって、水俣病や四日市の大気汚染など高度経済成長期に発生した日本の公害問題は、約五十年前の出来事。完全に歴史上の出来事です。

 しかし、もしあなたが、そのとき、チッソ水俣工場で働いていたら…四日市工場で働いていたら…。

 あなたは何ができたでしょうか。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後は、私が毎週楽しみにしている山口二郎先生のコラムです。これは画像も読みやすいと思いますので、是非本文をお読みください。

 

疑いと憤りの持続 山口二郎 東京新聞2016.9.4

 

(以下抜粋)

 

「日本では無責任や虚偽が当たり前になり、疑うことや憤ることを続けるのに飽きてくる。しかし、おかしいと思わないことは、自分も虚偽に加担することを意味する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

森田氏の「『わかる』とは煎じ詰めれば、わかりたい対象に共感し、心を通わせるということ」という言葉と、池上氏の言葉「もしあなたが、そのとき、チッソ工場で働いていたら、四日市工場で働いていたら、あなたは何ができたでしょうか。」という言葉、そして、山口二郎氏の、「おかしいと思わないことは、自分も虚偽に加担することを意味する」という言葉。見事にリンクしているように思います。

 

つまり、五十年も前に起きた問題、直接自分には全く関係がない(ように思える)出来事に対して、「わかりたいと心を通わせる努力をするか否か」で、その出来事に対する理解の深さは全く違ってきます。わかりたいと心を通わせる努力をしなければ、それは単に、試験で点を取るための暗記項目の一つでしかありません。そういう意識で勉強する人にとっては、本当に苦痛で退屈なだけの‟作業”となってしまうでしょう。

 

また、「わかりたい対象に心を通わせようとしない」場合は、「これはおかしいのではないか」という疑問も憤りも湧かないわけです。かくして、世の中の不条理だとか力を持つ者の不正・横暴といったものにも非常に鈍感な群衆が育っていくのでしょう。これが、「教育の成果・結果」だとしたらあまりに情けない限りですね。

 

 

勉強する最終着地点は、「わかりたい対象ー喜んでいる人、悲しんでいる人、苦しんでいる人、怒っている人ーに近づき、共感し、心を通わせあうこと」となるべきでしょう。

 

その対象は、身近な存在には限りません。時間と空間を超えて、遠く離れた存在について、わかろうとする気持ちを持つことが大切だと思いますし、それが出来るようになったとき始めて、勉強すること、学ぶこと、学問することの意味と楽しさが本当に理解できるようになるのではないでしょうか。それが出来ないうちは偽物、と私は思っています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/02

大学で英語を専攻するのはどう?

当シリウス英語個別指導塾でしっかりと勉強していると、当然、英語が(相対的に)得意な人になれます。すると、特に女子生徒に多いのですが、大学では英語や語学関係を専攻したいとか、将来英語関係の仕事をしてみたいという生徒がちらほら出てきます。この時、中学や高校の英語の先生ではなくて、通訳や翻訳やそんな仕事をしてみたいなぁという気持ちになる場合が大半です。

 

よくある質問(FAQ )でも取上げましたが、英語を専攻にするという進路は、私どもとしては基本的にあまりお薦めしていません。再度ブログでもこのことについて書いてみようと思います。

 

1.英語・語学を「本気で」専門にするつもりならば、英語+国語+読書力の点で相当優れているのが絶対条件です。

 

大学で英語を専攻するのもたしかに一つの選択肢だとは思います。しかし、本当の本気で英語を専門に勉強しようと思うのであれば、英語力だけでは駄目です。国語力に秀でて、どんどん読書をするような人でないと、語学の道は厳しいでしょうね。残念ながら、私たちが知っている「語学関係に進みたい」と言い出す中高生の多くは国語力が足りない場合がほとんどです。英語(だけ)はなんとかよい成績を保てているので、勘違いをしてしまうようです。

 

読書にしても、ラノベしか読んでいないようでは問題外です。原書で読んでいる必要は全然ありませんが、「ドストエフスキーとポーが好きです」くらいのことを言って欲しい。別にこれが、「翻訳でアリス・ウォーカーとポール・オースターを愛読しています」とか、「南アフリカのSFに興味があるんです」でも構いません。

 

以上のような条件を充たしているならば、英語や語学を専攻というのもアリでしょう。しかし、家庭環境も問われてきますし、かなり狭き門ですね。

 

 

あ、ただし、昔の花嫁修業の感覚、つまり女子大で英文学を専攻しようというような感じで英語を勉強するつもりであれば、何でも OK です。いまどき花嫁修業かなぁとは思いますが、それで良いというのであれば、どうぞご自由になさってください。

 

 

 

2.通訳や翻訳を職業にするのはかなり難しい。

 

これについてはもう繰り返しません。上智の外国語学部英語学科の大学院を出て、通訳専門学校に通ったからといって、プロの専業通訳に簡単になれるというものではないということだけは、強調しておきます。

 

英語を専攻してそれを活かすとなれば、普通は英語の教師なのです。学校の教師以外にも、TOEICやTOEFL専門学校や受験予備校などの講師の道もあります。なお、大学で英語を非常勤で教えるのは案外簡単にできますが、収入的には極貧を覚悟する必要があります。といって大学の専任教官になるのはかなり難しい。

 

 

3.英語力を活かしたいならば、他の専門を身につけましょう。

 

普通の人が英語力を活かすとしたら、英語の先生になるか、英語を使って自分の専門分野で活躍するのが一番です。英語の先生が嫌ならば、法学部、経済学部、商学部、工学部、薬学部などの分野に進んでください。

 

とくに理系分野では英語が苦手な人が多いので、英語ができる人は重宝されます。また、法律の知識があると、社内翻訳家になって比較的高給を得ることが出来る可能性が開かれるようです。これも繰り返しになるので、これ以上は述べません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/01

上智の理工学部を目指せ!

早慶の理工に憧れる人は昔から多い。しかし、早慶の理工はハードルが高い。早稲田も慶應も理工学部は上位学部であり、東大の滑り止めなのだ!東大受験生も落ちるかもしれない。(阪大や東北大受験生はまず受からない)。だから、勘違いしないでほしい。東大や東工大を本当に狙えるレベルの受験生でないと、早慶の理工学部に挑戦する資格はない!そのくらい難しいのだ。

 

早慶の理系学部に、入学しやすい学部があれば良いのだが、事実上存在しない。(埼玉県にある早稲田のスポーツ科学部や人間科学部は理系学部と言えないことはないが、神奈川県の当塾にとってはややロケーションが遠すぎる)。

 

そこで提案したい。早慶はちょっと厳しいという理系志望の受験生は、上智大学の理工学部を目指してみてはどうか。東大レベルなど絶対無理という受験生でも、上智なら十分狙うことができる。

 

あまり知られていないが、上智大学の理工学部は理科1科目で受験可能なのだ。国立や早慶を目指す場合は物理と化学の両方を選択しなければならないが、上智であればどちらか1科目好きな方を選択すれば良いのである。これは受験生にとってかなり有り難いことだ。

 

上智大学理工学部第一志望生の場合は、滑りどめの大学はGMARCHとなるわけだが、いずれも理科1科目受験が可能だ。

 

上智大学ー明治大学ー中央大学・青山学院大学

 

といった志望ラインを組めば良い。イチローのような野球選手や浅田真央みたいなスケーターになりたい、といったような無茶な夢を掲げないで、実現可能な夢を目指そう!

 

注釈1) 東京理科大学に言及しないので不思議に思った方もいるかもしれません。東京理科大は、上智大学と並ぶ理系の名門校なのですが、神奈川県の当塾からすると、葛飾や野田にキャンパスがある場合が多く、ちょっと通いにくいなあということで、ここでは挙げませんでした。

 

注釈2) このなかには立教大と学習院大学が入っていません。というのは、この二つの大学は実は理学部しかないからです。もし理学部志望であれば、当然、上智ー立教ー学習院と受ければ良い。

 

注釈3) 青山学院大学の理工学部は、英語が得意な受験生向けコースと英語苦手の受験生コースが用意されています。ちょっと注目だね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/08/22

慶應大学への道(まとめ)

 

慶應大学合格のためには、<英語と数学>あるいは<英語と小論文>を超得意にしておけ!

 

慶應大学に一般入試で外部から合格するには、どのくらい勉強したらよいのか。このあたりで、簡潔にまとめましょう。要するに、<英語と数学>あるいは<英語と小論文>(または<英語、数学、小論文>)を超得意にすれば、慶應大学に合格できます。

 

いずれも、東大受験生以上の実力か、競い合えるレベルが目安となります。国立大学と比べて科目数が遥かに少ないのですから、当然のことですね。

 

英語力の到達目標としては、理系であれば高3で英検準一級合格レベル、文系であれば高2から高3の段階で英検準一級合格レベルに到達していれば充分でしょう。英検準一級あるいは英検準一級 「+α」の実力で、青本などの過去問演習を積み上げていけば、慶應合格の切符を手に入れることができるでしょう。

 

 

 

慶應大学の社会科学系学部を目指すならば、社会科学系の新書本を読んでおけ!

 

 

社会科学系学部、つまり、経済学部、法学部、商学部、総合政策学部、環境情報学部の小論文と英語の対策については、注意事項があります。

 

英語長文や小論文で取り扱われるのは、ほとんどいつも新聞・雑誌・書籍の社会科学的話題が中心です。これらの文章は、受験テクニックだけで読みこなすことは決して出来ません。

 

日本語で読んだことも聞いたこともない話題について、いきなり英語で読んでも訳がわからないし、小論文でも対応できないのは当たり前ですよね。例えば、次のような話題が出ると考えておいてください。

 

日本のエネルギー問題、ジェンダー論、グローバル化論、格差論、限界農村論、夫婦別姓論、経済成長戦略、ローマ・クラブ「成長の限界」論、沖縄基地問題、非正規雇用問題、就職市場における男女格差問題、ブラック企業、海外労働力導入の是非。

 

慶應の社会科学系学部の受験生は、様々な社会科学的話題について親しんでください。専門的な知識は必要ありませんが、社会科学的な内容の新書本をまずは10-20冊くらい読むことから始めましょう。

 

もちろん日々の新聞をしっかりと読むことも大事です。なかには『日本経済新聞』を読むという高校生もいるようですが、私どもは『日経』が面白いとは思えません。むしろ、『ニューズウィーク』『エコノミスト』のような週刊誌、『東洋経済』のようなビジネス誌のほうが良いでしょう。

 

なお、新聞・雑誌も新書本も読まないという場合は、慶應の英語と小論文は歯がたたないですね。我々は、慶應は潔く諦めるように指導しています。

 

 

現在中学生ならば何を読むべきか?

 

当塾としては、まずは『朝日中高生新聞』『読売中高生新聞』等を勧めています。大人が読んでもかなり面白い新聞です。なお、新聞を全然読まないようであれば、慶應のことは忘れてください。お願いします。

 

 

慶應大学の文学部を目指すならば?

 

文学部は、哲学、歴史、文学、行動科学(社会学、心理学など)と幅広い学問分野を含みます。志望者は専攻したい分野の本をすでに読んでいますよね!?

 

なお、本を読まないのに文学部に行こうなどとたわけたことを言う生徒さんが時々います。が、私どもとしては、そういう態度は非常に不愉快です。本を読まない人が文学部で何を学ぶのでしょうか?絶対に無理ですから、どの大学であれ、文学部は受けないでください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
シリウス英語個別指導塾 by 東大式個別ゼミ
中高一貫校専門 大学受験英語塾 英検
横浜・藤沢・中央林間・相模大野・町田
住所:神奈川県相模原市南区東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
http://www.todaishiki-english.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
お問い合わせ