title-praivacy

よくある質問

マンツーマン(1:1)の英語個別指導塾は何故少ないのですか。
英語の授業について言えば、絶対にマンツーマン個別指導が効果的・効率的です。しかし、英語のマンツーマン個別指導塾は、当塾(シリウス英語個別指導塾)などが例外的であるように、ごく僅かしか存在していません。何故でしょうか?

 

第一の理由は、至極明白です。マンツーマン(1:1)個別指導をしていると、儲けが少なくなってしまうからです。1:2や1:3のほうが、一時間あたりの売り上げが大きくなるからです。1:3ならば売り上げは2倍以上になるのではないでしょうか。だから、マンツーマンの個別指導を実施する塾や予備校は少ないのです。

 

もう一つの理由はより消極的なものですが、シリウス英語個別指導塾のようなプロ講師でないと、集中的で密度の高い口頭演習を実施できないからです。1:3の個別指導のやり方で1:1の個別指導をしてしまったら、集中度や密度は変わらず、教育的成果を出しにくいと予想されます。割高の料金を払って成果がでないのであれば、生徒さんが逃げてしまうでしょう。

 

我々、シリウス英語個別指導塾が、マンツーマン個別指導に拘っているのは、この方式こそが英語教育の最良の方法であると信じているからです。そして、教育指導者としてのプライドと充実感を得ることが出来るからなのです。教育の仕事は、お金だけでは価値を測れない要素があるのですね。

 
振替えはしてくれますか?

  • まず、当塾は、経験20年のプロ講師がたった二人で回している個人塾でございます。昨今、チェーン化している大学生のアルバイト講師を多数使っているような個別指導塾が、「振替自由、部活と両立可能」などと謳っていますが、そういう塾とは全く違うということ、交代講師はいないということをご理解いただきたく存じます。



振替えについて、当塾の規定(原則)

 

1.学校での公式行事(修学旅行、研修旅行等)のために授業を欠席する場合は振替をいたします。あらかじめその行事を証明する用紙のコピーをご提出ください

 

2.部活等で欠席なさる場合は、こちらの都合のつく時間にいらしていただけるのであれば、振替は可能です。事前に行事を証明するコピーをご提出ください

 

3.他塾との重複、プライベートな用事のために欠席の場合は、原則として振替はいたしません。(ただし、夏休み等長期休暇中の旅行などの場合は、振替可能。)

 

4.当日欠席の場合の振替は原則として出来かねます。

 

※あまり欠席が多く、振替ばかりを要求なさる生徒さんに関しましては、対応しきれませんので、おやめいただくことがございます。
将来英語(語学)関係の道に進みたい

当塾で英語を学ぶと誰でも英語の成績が向上したり、かなり話せるようになったりもします。なので時々、学校の英語の先生にはなりたくないが、英語関係の道に進みたいという人が出てきます。しかし、ほとんどの生徒に対しては、現実的な夢ではないので他の道を探るようにと指導しています。というのは、英語の道に進みたいと言い出す生徒の大半は、現実についての考えが甘すぎるからです



いくつか、皆さんに知ってもらいたいことがあります。

(1)学校英語は「ぬるま湯英語」
中学・高校までの英語、あるいは大学受験英語は、実は「ぬるま湯英語」に過ぎません。本物の「生の英語」とは大違いです。模試で偏差値70を取ろうが、東大理三に合格しようが、それ程高度な英語ではありません。



英語関係に進みたいとか英語を専門にしたいなどと戯言をいう暇があれば、まずは「生の英語」に触れてみてください。仮に英検準1級レベルならば、原書を読んだり、英語のテレビドラマ(=映画と比べて易しい)をリスニングすることくらいのことを試すことはできるでしょう。英語を専門にするかどうかは、その後で考えましょう。(もちろん、学校の英語の先生になりたいのであれば、無理する必要はありません)。


 


(2)英語以外の専門知識を身につけよう
英語を専攻して翻訳・通訳の仕事をするのは、現実にはかなり厳しいようです。仕事に就くのも難しければ、安定した収入を身につけるのも大変です。儲かっているのは一部の売れっ子翻訳家だけです。文芸翻訳で言えば、たとえば、柴田元幸(東大名誉教授)、金原瑞人(法政大学教授)、小野寺健(横浜市立大学名誉教授)、鴻巣 友季子のような人たちだけなのです。


 

英語力を活かす仕事をしたいのであれば、むしろ英語以外の専門、例えば法律学やか工学などを大学では専攻しましょう。法律の専門的知識のようなものがあれば、テクニカル翻訳家として、フリーないしは社内翻訳家として、活躍できるケースも多いようです。

 

英語関係の仕事を本気で目指すのであれば、たとえば、上智大学法学部を目指してみましょう

 

(3)英語学を専攻したいのならば、やはり英語教師を目指したら?

それでも英語を専攻したいというのであれば、やはり英語教師になるのが一番でしょう。早稲田大学教育学部英語・英文学科、上智大学外国語学部英語学科等を目指してみればどうですか。あるいは、東京学芸大学教育学部英語専攻など。なお学校教師以外の就職の可能性にも開かれています。

 
私立中高一貫校生徒の英語とのつきあい方のヒントを教えてくれますか
慶應大学に将来進みたいのですが、どのような対策をしたら良いですか。
慶應大学に合格方法論についていくつかの記事をブログに書いておきましたので、よろしければクリックしてお読みください。

 

慶應大学に進学する夢をかなえるには?part1(2016/08/09)

慶應大学合格者の一例 (2016/08/11)

慶應大学合格の夢を叶えるには?part2 (2016/08/11)

慶應大学の小論文とは? (2016/08/19)

慶應大学への道(まとめ) (2016/08/22)
部活動で忙しいのですが、通塾して成果が出ますか?
一般的に、部活動や習い事で忙しく、なかなかまとまった学習時間が確保できていない生徒さんは、成果が出ないことが多いです。やはり、勉強の時間と量が物理的に不足していますから、差がついてしまうのは当然でしょう。(よほど高い能力があり、かなりシビアな時間のコントロールや自己統制力があるお子さんは別ですが、そういう例は稀な例ですので、あまり考えないようにしましょう。)

 

当塾では、本気で東大や医学部、早稲田・慶應等の大学を目指すことを目的としていますので、部活動で忙しく、毎日まとまった勉強時間を確保できない、かつ、成績が低迷している高校生の入塾は原則的にお断りしております。

 

ただ、野球部だとかサッカー部等、厳しい部活動で培われた体力や精神力、集中力を勉強にそのまま移行させれば、大きな成果が出せる場合もございます。部活動を辞められて、集中して学習できる環境が整ってから是非お問い合わせください。

 

また、中学生のうちはまだ十分な時間がありますから、部活動と勉強の両立も可能だと思います。ご本人の状況と目標次第ですので、ご心配な場合は御相談ください。
夏季講習を受講することはできますか。
当塾は、継続的に授業を受ける生徒さんを基本的に対象にしております。しかし、場合によっては、夏期講習のみの生徒さんもお受けできます。ただし、お月謝1時間¥8000~となります。
英語をがんばっているのですが、将来医学部(または獣医学科)に合格できますか?
難関大学や医学部を目指している人が、英語の先取り学習をして英語力を「貯え」ておくのは、とても賢い受験戦術だと言えます。

ただし、医学部を目指すのであれば、数学ができなければお話になりません。

もし中堅進学校に在籍し、その中でも数学の成績があまり芳しくないのであれば、医学部受験は諦めたほうが良いでしょう。数学ができないのであれば、たとえ一番易しい私立大学の医学部であっても、ほとんど合格不可能だからです。当塾としても、合格見込みのない、自称医学部受験生は歓迎しません。
TEAP対策はありますか?
上智大学や立教大学などが採用している英語の試験TEAPですね。 当塾でも、高3の受験生二人がTEAPを受験し、非常によい成績で合格しました。(上智大学)

 

 

なおTEAPの英語試験ですが、我が国の英語教育をうけた受験生にとってReadingの試験は非常に簡単です。当塾の生徒たちにとっては特別な対策など必要ありません。他方、WritingとSpeakingの試験には少々苦労することが予想されます。(ただし、全ての受験生にWriting、Listeningの試験が必要なわけではない)。したがって当塾でTEAP対策をするのであれば、WritingとSpeakingを主に実施することになるでしょうが、当塾では普段からオーラル中心の授業を行っていますし、大量の基本構文暗唱を課していますので、それほど恐れるに足りずと言えると思います。

 

 
短期集中または月2回のみの授業などは可能ですか。
高校生・大学受験生の過去問指導や夏季集中特訓などに限り、月2回(隔週授業)、短期集中授業のみといった対応をする場合が御座います。

詳しくはお電話で問い合わせてください。
学校で教科書『プログレス』を使用しています。塾のほうでは、教科書の補習や試験対策はしていただけるのでしょうか?
結論から申し上げますと、慶應などの付属校に通われている場合を除いて、教科書の補習や試験対策はあまりいたしません。これから、その理由を挙げておきます。

 

第一に当塾では、英語の高い実力をつけ、最終的には東大や医学部などに合格できるような力をつけることを目標としております。つまり、推薦入試ではなく、一般入試で勝てる英語力を養成していく塾です。しかし、英語の実力をつける勉強と学校の試験対策をする勉強では方法論が違います。試験対策の勉強をしたからといって必ずしも英語の実力がつくわけではないのです。よって、当塾では試験対策はあまり積極的にやらないという方針をとっています。
第二に、すでに中3とか高1になられていて学校での成績も低迷しているとしたら、学校の成績を気にしている余裕はないからです。試験対策のようなものはなるべく無視し、一流大学合格のための実力をつける勉強に焦点を合わせるべきなのです。

ただし、早いうちに当塾にいらっしゃってきちんと正しい勉強を実践していけば、学校の勉強—プログレスやトレジャー・バードランドなど—は復習になりますから、簡単に感じられるはずです。そういう余裕のある生徒さんの場合は、一夜漬け的な試験対策は不要ということになりますし、むしろ、数回の試験対策を実施して差し上げることすらも可能です。試験勉強をしながら、本当の実力養成の一要素となりえるのです。要は、実力をつけることこそが最大の学校の試験対策であるということです。
小学生向けの授業はありますか
私立小学校在学中の小学校5年生以上で、中学受験が不要であり、また医学部受験を予定されているお子さんを対象に、英語のマンツーマン個別指導を実施しております。当塾の小学生英語講座は大学受験に備えるためのもので、巷のお遊び英会話講座だとか海外留学(遊学)志向の英語塾とは一線を画しています。

 

ごく簡単に当塾の考え方を説明しておきます。医学部等超難関の大学受験で合格を勝ち取るためには、なるべく早い段階で英語・数学(・国語)の主要科目の基礎力を固めるのが一番です。そのためにはどうしたらよいのか?  一つの方法論が、小学生の高学年のうちに英語のきちんとした指導を受け、先行的に基礎固めをしてしまうことではないでしょうか。そして、なるべく早い段階(中3から高1くらい)でセンター試験190点(200点満点)あるいは英検準一級に合格できるようにしておくのです。高一でセンター試験190点に到達しているならば、あとは軽いメンテナンスと過去問演習だけで受験はクリアーできます。英語力はある程度ならば「貯金」可能なのです。

 

つまり、英語学習を先行した受験生は、一番大変な高校生2-3年生の時期に理科や数学にエネルギーを注ぐことが出来るというわけです。如何でしょうか。私立小学校に在籍しているお子様ならば、英語の早期学習によって、中学受験で翻弄されているライバルに勝ち、受験にも有利な闘いをすることが可能なのです。

 

ただし、これは、私立小学校に在籍し、強い目的意識(「将来、絶対に医者になる!」)があり、かつ親御様のどちらかが医師である場合、または、算数が飛びぬけてできる、本(まともな本)を読むのだ大好きだ、音楽や自然、生き物といった机上のお勉強以外に強く熱中する世界を持っている等、何か秀でたものをお持ちのお子さんに限定させていただきます。

 

将来絶対医者にならなければならない!という縛りがない場合は、当塾で中学1年の夏休み以降からの授業を受けるだけで十分です。英語だけを頑張っても本物の英語力はつかないからです。どうぞそこのところを誤解なさらないようくれぐれもよろしくお願いいたします。
社会人向けの英語の授業はありますか?
社会人の方で入塾された方もいらっしゃいます。

英語を基礎文法から学び直したい人、本当に英語を話せるようになりたい人、「瞬間英作文」に興味を持った人などは、当塾も歓迎しています。

ところで、町の英会話教室のほとんどでは、英語を話せるようになりません。その理由は、(1)しっかりとしたカリキュラムがない、(2)毎日の学習課題(宿題)が出ない、(3)英語を学ぶと言うよりは、大人の社交場となっているといった事情が考えられます。当塾は社会人のくつろぎの場にはなりえませんが、基本例文の暗唱をしたり「瞬間英作文」をしっかりと定着させますから、しっかりと課題をこなしさえすれば、絶対に英語を話せるようになります。

なお、授業料は町の英会話教室のマンツーマン授業と比べるとかなり割安です。ただし、決められた時間に来塾お願いします。(だたし、Skype授業等は可能です。また、予め授業に来れないと前もって分かっている場合には相談に応じます)。

本当に学ぶ気持ちがある方は、ぜひお電話ください。
小田急江ノ島線の東林間駅近くにあるのですね。少々我が家からは遠いのですが、Skype授業などは可能ですか?
2014年春からSkypeによる個別指導を試しに始めてみました。都心の生徒さんなので通塾が困難のためです。週2回の授業で、開成高校や筑波大附属高校などの受験対策をしています。
駅から塾までの道のりは夜でも安全でしょうか。
アクセスの写真を見ていただくとお分りになると思いますが、お子様1人でも安心して通うことができると思います。
通塾週1回では厳しいでしょうか。
どれくらいのレベルを望まれているかにもよりますし、お子さんがどういった状況かにもよりますので、一概には言えませんが、中1・中2で入塾なさる場合と、中3以降でも特に英語の成績が悪いわけではない場合は、基本的に週1回90分のコースでよいと思います。中3以降で入塾なさり、英語の成績が低迷している場合は、週2回の通塾は必要かと思います。集中して遅れを取り戻し、トップ層に踊り出るまでになるためには、それなりの努力をしなければ無理だからです。
英語はかなり遅れをとっているのですが、何とかなりますか。
本人の努力次第ですが、英語は半年から1年くらいで、追いつき追い越すことができる場合が多いです。実際、中学高校で最下位の生徒が一年後に上位にまで上がり、無事第一志望に合格した例も何人か御座います。当塾は、そういったやる気のある中高生や受験生も歓迎しています。
宿題はたくさん出ますか。
家庭内での音読学習などが求められます。難しい問題を解かなければならないような宿題はありませんが、英語の場合はある程度の根気と集中力が要求されます。課題をこなせない場合は退塾をお願いしております。
どのような地域からから通われる生徒さんが多いのですか。
小田急江ノ島線の各駅(相模大野、東林間、中央林間、大和、桜ヶ丘など)、小田急小田原線(小田急相模原、相武台前、座間など)、町田市(玉川学園、成瀬など)、田園都市線沿線(青葉台、長津田、つきみ野など)のほか、横浜市、多摩市、湘南方面から通塾される生徒さんもいます。
公立高校生も受け入れていますか。
公立進学校(神奈川県立希望が丘高校、厚木高校などの実績あり)の生徒さんであれば、問題ありません。
高校受験対策はしていますか。
筑駒・開成・学芸大附属・慶應などの国公私立の難関高校受験をする中学生に限り、英語のみ実施しております。
将来留学を希望していますが、対策をしてくれますか。
当塾では、高校卒業後すぐに海外の大学に正規留学することをご希望のお子様に対しては、指導をしておりません。しかし、日本の大学卒業後、あるいは在学中に海外の大学で学ぶことをご希望の中高生ならば、大いに歓迎です。

アメリカ留学等にはTOEFLの試験などが必要ですね。しかし、TOEFLの前段階として、まずは英検準1級の勉強をしてみませんか。当塾では、リーディング・リスニングばかりでなく、基本的なスピーキングやライティングの能力を身につけることができます。英検準一級の面接も不安なく臨むことが出来ます。なるべく早い段階で英検準一級に合格し、留学の夢をつかみましょう。
英検対策はありますか。また二次面接対策もお願いできますか。
英検4級から準1級まで対応しています。ただ、英検というのは受かるのが目的ではなく、単なる通過点、努力の結果を表す指標でしかないと考えています。ですから、日々当塾の課題をこなしていただき、そろそろその級レベルの実力がついたなという頃に英検受験をしていただきます。英検に受かるための対策勉強ばかりしても英語の実力にはつながらない場合が多いからです。「結果として受かる」という状態ににしたいと考えています。

 

もちろん1次試験に受かった場合、2次面接対策の練習はします。ただ、これも、当塾では普段からオーラル学習をしていいますので、それほど苦労することなくみなさん合格なさいます。

 

アドバイスとしましては、私たちが見る限り、コミュニケーションが苦手で人に対してぶっきらぼうな態度しか取れないような人は残念ながら面接で落ちるということが多いです。あまりいないのですが「この子は難しいかも」と思う場合は大抵落ちます。やはり、最低限、人にあったら少しにこやかな顔をする、きちんと挨拶をする、きちんと返事をする、聞かれたことに対して誠実に一生懸命答えようとする、そういった態度がなければ難しいです。人が受ける印象はみな同じなんだなと感じます。

 

当塾ではマンツーマン授業ですから、毎回毎回私たちと生徒たちは密なコミュニケーションを図りながら授業を進めています。そういう意味で毎回の授業が英検的面談の練習になっているともいえますし、英検面接で落ちるような生徒さんは、当塾でも長続きしないという言い方ができるかもしれません。

 

いずれにしましても、当塾では高1までに英検2級合格(高得点合格)、高3はじめまでに英検準一級合格することを強く推奨しています。
G-TEC対策などをしてくますか。
当塾ではとくにG-TECの対策はしていません。

なお、当塾のHPにはG-TECを用いた資料が掲載されていますが、とくにGーTECという試験を重視しているわけではありません。

相模大野・中央林間のハイレベルな英語専門の個別指導塾によくある質問にお答えします

当塾は相模大野・中央林間駅から一駅の東林間駅から徒歩3分のところにあり、お子様お一人でも安心して通える環境にございます。当塾のシステムや指導方針や指導内容についてよくお寄せいただくご質問にお答えしておりますので、ご確認ください。よくある質問だけでは解決しないご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
シリウス英語個別指導塾は教科を英語のみに限定した個別指導の英語塾です。受講される生徒さんも限定しており、私立中高一貫校に在籍されている方、および医学部志望の私立小学生、東京大学合格を本気で目指している方を対象としております。
当塾のプロ講師による厳しいオーラルトレーニング(口頭演習)をこなし、本気で合格を目指すお子様を指導する英語塾です。

 
お問い合わせ