title-praivacy

塾生・卒業生の声

2016/01/18

白百合学園中学 1年 Iさん(在籍生)

ikeda saki 2016-01_1

ikeda saki 2016-01_2

 

 

 

 

私は小学校6年生の4月(2014年4月~)からこちらの塾にお世話になっています。

 

入塾した時は、英語が嫌いでたまらず、長文も漠然と意味を理解して解いたり、英会話も単語を並べてニュアンスで伝えたりしている状態でした。「受験英語では真の英語力は身につかない」という通説も、この頃は信じこんでいました。しかし2年間弱こちらに通わせていただくうちに、この通説は大きく間違っていると気が付きました。

 

文法を基礎から学んだことで、長文読解でつまずいた時は、文を分解し構造を整理する力がつき、一文一文をより正確に、そして速く読めるようになったと実感したからです。

 

さらに週に一度行っているネイティブの先生とのレッスンでも、こちらで暗唱した例文などを活用して文を素早く組み立てられるようになり、伝えたいことをスムーズに言葉にできるようになりました。

 

今では、英文法を根本から理解して定着させることこそが、英会話や多読の力も伸ばせ、「真の英語力」を身につける最善の方法だと確信しています。

 

こちらの塾には、英語が得意になり、そして好きになれる最適な環境が整っていると思います。これからも英語学習をより一層楽しく深めていきたいと考えています。

 

 

 

 

講師より

 

Iさんの書いてくれた文章からは、「英語の勉強を楽しんでくれている」ということが伝わってきます。当塾は、ホームページのどこにも「楽しく英語が学べる塾」などという文言はないはずですが、Iさんを含め、多くの生徒さんが英語の勉強を楽しんでくださったり、好きだと言ってくれます。一体何がそんなに楽しいのでしょうか?それはまず、「新しいこと=英語の規則性を知る」楽しさだろうと推察しています。そして、英語の規則(ルール)をしっかりと覚えていくと、英語の文章が理解でき、自分の言いたい事を英語で表現できるようにもなるのだという「実感」が、ますます英語の勉強を楽しくさせるのではないでしょうか。

 

Iさんはとても頭のよいお子さんなので、当塾の授業を受けることで、私たちの伝えたいことをほぼ正確に理解してくださっているように感じます。まずは英語の文法をしっかりと学ぶことで、「話すこと、書くこと、読むこと、聴くこと」が可能となるのだということ。受験英語では英語を話せるようにはならないという俗説はやはり単なる俗説であって、「やり方次第」なのだということ、をきっちりと理解してくださいました。

 

Iさんの場合は、学べば学ぶほど、「英語でもっともっと話せるようになりたい」「英語をもっともっと読めるようになりたい」そういった「もっともっと」という願望がどんどん溢れ出てくるのを感じます。ですから、当然とても積極的、主体的に英語の勉強に取り組まれ、昨年の秋には既に英検2級にも合格し、最近は『英語長文 テーマ別難関攻略 30選』というテキストを使用して、開成や筑駒・学芸大付属など難関高校の過去問で取り上げられた英文の精読もしています。また、自宅学習としてOXFORDのbookworms libraryシリーズなど、英語学習者向けの読本もどんどん読んでくれています。

 

Iさんを見ていると、「もっともっと英語を話したい、英語で読めるようになりたい」という願望こそが英語学習の中核となるものなのだということを改めて実感します。受験の為、とか、偏差値を上げるため、といったような外的な動機付けだけではなかなかIさんのようにパワフルに英語を勉強することはできないように思います。

 

多くの英語学習者がIさんのように英語を言葉=コミュニケーションツールとして捉え、英語の勉強を楽しんでほしいと願っています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  シリウス英語個別指導塾
  中高一貫校専門  英語個別指導
小田急線・小田急江ノ島線・田園都市線
http://www.todaishiki-english.com/
住所:神奈川県相模原市南区
東林間4丁目13-3
TEL:042-749-2404
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
お問い合わせ